2014年2月9日

大雪の翌日の吾妻山菜の花

2月9日は菜の花ウォッチングの最終日ですが昨日の大雪のため、お客様の足はおのずから遠のいてしまいました。午前中は晴れ間があり雪は大方溶けたようで、午後3時頃登ってみました。役場口の階段から頂上に登ってみましたが、道の雪はごく一部の日陰を除いて溶けてなくなり、特に問題なく歩けました。頂上の公園の菜の花畑にはまだ雪は残っています。雪に倒されたり折られたりした菜の花が見えますが、全体の菜の花の景観は、十分見ごたえがあります。倒れた菜の花は雪が解ければ起こす手入れが行われるでしょうから、2月いっぱいは十分見えるかと思います。登って行ったときは富士山は雲の中でしたが30分もすると雲が動いて頂上が姿を現したのは幸運でした。空気が冷たく澄んでいますので遠くまでよく見えました。東側斜面の望遠鏡のある展望台脇あたりから、スカイツリーも見えました(双眼鏡を持参すれば見やすい)。

明日10日は晴れの予報ですので、芝生に残っている雪も解けて、平常の状態に戻るかと思われます。菜の花ウォッチングのイベントは終わりましたが、菜の花は十分見られますので、できれば晴れの日を狙ってお出かけください。KK

雪に倒された菜の花もありますが全体の景観はきれいです

東屋、相模湾を望む、雪はまだ残っているが、一両日中には解けよう

午後3時半頃雲が切れて、幸運にも富士山の頂上が姿を現した

芝生には雪はまだ少し残っている

東側斜面コブシの木にコゲラがいた、色々な野鳥が見られる

2014年2月4日

節分の日(2月3日)の吾妻山と川勾神社鬼やらい

吾妻山頂にてライブ中継を実施するため10時前に登りました。富士山はよく見えたのですが、特に今日は暖かく、もやが立ち上って、11時前には富士山を始め遠景がほとんど見えなくなりました。それでも沢山の人々が登ってみえ菜の花を楽しんでいました。
14時から、川勾神社で節分の鬼やらい神事と豆まきが行われ賑わいました。KK

10時ころは富士山はよく見えましたが、11時ころには靄に隠されてしまいました

それでも沢山の人々が菜の花を見に訪れました

鬼に退散すべしと訓告したのち豆をぶつけて追払う

鏑矢で鬼の面を一箭のもとに打ち割った瞬間

的の青鬼面と鏑矢の拡大写真

2014年2月3日

吾妻山山頂からのライブ中継

 順延になっていた吾妻山山頂からのライブ中継を2月3日の10時半過ぎから放映しました・・・
ライブ中継1-2
   ここ(その1) 、  ここ(その2) をクリックしていただくと、ライブ中継の録画の一部が視聴できます。

2014年2月1日

雛の吊るし飾り展

 2月1日、湘南にのみやの「知足寺」で≪雛の吊るし飾り展≫が開かれ、沢山の方々が観賞に来られていました。  2月2日も同様に開催されます。
雛の吊るし飾り
   ここ をクリックしていただくと、その様子を動画でご覧いただけます。

 これらの雛は、湘南にのみやの「グリーンにのみやプロジェクト(GNP)」の女性メンバーの方々が正絹の端切れを使い手間暇かけ丁寧に縫い上げた作品と町内外の有志の方々の作品です。

 2月15日・16日(10時~15時30分)には、場所を変え、相模の国二之宮として「延喜式」に記載される「川勾神社」の参集殿でも展示されます。

HTML convert time: 0.206 sec. Powered by WordPress ME